会社情報 Company Information

  1. <
  2. 会社情報<
  3. 沿革

沿革

1877年 初代末野権之輔、大阪市東区唐物町1丁目39番地に売薬本舗末野八木堂を創業
1968年 昭和フェニックス工業(株)設立、資本金1000万円 末野明、取締役社長に就任
1972年 米国ラブショウ社全自動封函機(フェニックス・パドロッカー機)の技術提携調印
1973年 昭和フェニックス工業(株)増資、資本金4,000万円
1976年 オーストラリアを始め極東地域へ、フェニックス・パドロッカーの輸出開始
1984年 末野明義、代表取締役社長に就任
全自動ケーサー(フェニックス・スーパーインケーサー)開発
1985年 英国メタルボックス社に対し、全自動封函機とそのシステムの技術供与契約を締結
1986年 横型全自動ケーサー フェニックス・スーパーインケーサー 300型開発
1987年 フェニックス・スーパーインケーサー 400型開発 ジャパンパックに展示・発表
1989年 新製品フレキシブルケーサーF-400型 開発
1990年 設計業務をCADシステムへ移行 CAD・OA機器等を拡充
1991年 ラップアラウンドケーサーの開発
1993年 機械器具設置工事業の認可を大阪府知事より受ける
1994年 多関節型ロボット及びこれを搭載したロボットケーサーシステム開発
1995年 PL法制行に伴い社内にPL対策委員会設置
1997年 コンパクトケーサー標準型(直交2軸サーボタイプ)開発
2000年 スカラロボットケーサーシステム開発
2001年 パラレルロボットケーサーシステム開発
2002年 スカラロボット・パラレルロボットケーサーなどの高速対応型ケーサーが好評
様々な製造ラインに納入、実績を築く
2005年 ヒートシール式カートナー開発
2009年 末野晶彦、代表取締役社長に就任
2013年 長尺製品用ケーサー開発
2014年 中仕切挿入装置開発